Main | May 2004 »

April 29, 2004

印刷の設定

 昨年ノートパソコンを新調したのだが,プリンタにつないだところ印
刷が薄かった.しばらく放置しておいたのだが,2ちゃんねるのlinux
掲示板のある記事を読んでからふと思いつき,設定をいじる.
 WinXPのメニューから「プリンタとその他のハードウェア」→
「プリンタとFAX」からプリンタを右クリックし,「印刷設定」→「詳細設
定」において印刷品質が300×300になっていたので,これを600×
600にする.しかし,これだとプリンタメモリが小さかったため,設定
にコンフリクトが発生.
 解決策はやはりコントロールパネルから,「プリンタとその他のハ
ードウェア」→「プリンタとFAX」→「プリンタのタスク」→「プリンタの
プロパティの設定」と選択して出現した画面で,「インストール可能
なオプション」の「プリンタメモリ」が3MBだったので,これを35MB
に拡張する.
 いくらか濃くなったがまだ薄いなあ.ドライバがタコなのか.まあ,
プリンタももう古いからなあ(EPSON LP-8200).EPSON関連ページ
はこちら.
http://www.i-love-epson.co.jp/products/windows/winxp/peri.htm#lp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2004

今日ショックだったこと

書籍部に『レヴァイアサン』が入ってなかったこと.注文しなきゃだめすか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 22, 2004

「プロ市民」からの連想

 河野勝・岩崎正洋編『アクセス比較政治学』第3章「政治社会論」
(小川有美氏執筆)において,「抗議ビジネス(protest business)」
という概念が紹介されております(p.68).
 イデオロギーが右であろうと左だろうと,自分の主張に近い活動
をしている個人や団体にたとえば資金を援助するなんてのは当然
OK.何も政治家や政党以外にたいしてそういうことをしては
いけないなどという決まりはない.ここは自由の国ですから.

 ああ,誰か「プロ愛国者(愛国業者)リスト」も作ってくれないか
なあ(大笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「プロ市民」ねえ

 JANJANでちょっとおもしろい情報を発見.
http://www.janjan.jp/media/0404/0404193371/1.php
「プロ市民」のリストなんてものを作った人がいるんですね.
「プロ市民」の定義はここ
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%d7%a5%ed%bb%d4%cc%b1
 JANJANの記事自体はリストに批判的だけど,プライバシーの
問題が解決されるのであれば,こういうリストは有用かもしれ
ないと思う.記事に書かれているように,リスト作成者が「プロ
市民」なるものにマイナスのイメージを持って、彼らの名前を掲
載しているのだとしても、それで即その人たちの名誉が傷つく
ものでもあるまい.誰がどういう活動をしているのかについての
情報が利用しやすい形で与えられれば,その活動にとっては
宣伝になるわけだし.
 情報自体は「プロ市民」と呼ばれる人たちの活動を批判する
人だけでなく,その種の活動の潜在的な支持者にとっても有用
でしょう.
 分野別NPO directoryのweb板とかあるのかな?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

酒は人生の友?

 先週末より酒精を抜き節制してきたつもりが,風邪をひき,しかも
まだ抜けない始末.昨夜は方針を転換し,アルコールでのどを消
毒したところ,咳はほとんどとまってくれた.しかし副作用がまだ少
々.
 そんな体を引きずってで3年生のゼミと1年生のゼミをおこなう.
公共財の性質について板書するときに,非排除性はすぐ書けたが
共同消費という言葉をどうしても思い出せなかった.ゼミ終了後,
小林良彰『公共選択』東京大学出版会,p.11で確認.
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2004

水曜日は会議の日

今日は2つ.カゼが抜けきらず,咳が時々.ちとしんどい.明日までに
のどが何とかなってほしいのだが.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2004

帰国以来の懸案事項

であるところの研究室の模様替えに着手.プリンタ・ケーブル購入の必要あり.
なにせ狭い研究室であるからして,スペースの有効活用が大事.
しかし,机上の惨状は目を覆うばかり.
自室を片付けている最中に子供にいわれたことがある.
「そっかあ,片付けようと思ったら一回散らかさなくちゃいけないんだねー.」
私だけですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2004

kh-webさんのBBSにおける

 おすすめの文献・論文を紹介するスレッドにて,もはめど氏ご教示
の以下を知り,ゲット.本文,表,図あわせてプリントアウトすると
500ページほどにもなり,周囲に迷惑をかけてしまった.
 ごめんなさいm( )m.
Rebecca Morton Analyzing Elections
http://www.nyu.edu/gsas/dept/politics/faculty/morton/
morton_book.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

公明党研究

 たまに週末ゆっくり過ごしたら風邪をひいてしまった.何をやってい
るんだか.今日は大学院の講義があるのに喉の調子が良くない.
ま,幸いにしてそのクラス,履修者1名なので大きな声を出す必要が
ないのは助かる.
 そのクラスでは受講生の興味に従って,選挙キャンペーン関連の
文献を読んでいくことにした.まずはオーソドックスなところから,そ
してできるだけ新しい文献もあさっていきたいと考えている.
 さしあたり今回は古典中の古典,カーティス『代議士の誕生』サ
イマル出版会を取り上げる.次回は,それをレビューした大嶽秀夫
『高度成長期の政治学』第6章「政党研究への新規参入」東京大
学出版会.
 公明党研究の蓄積のなさをあらためて思う.いまやタブーになっ
てしまったのだろうか?公明党に対する好悪やイデオロギー的な
スタンスはともかく,今や日本政治の中心的アクターであるだけ
に,情報の収集・蓄積と分析は日本政治研究における喫緊の課
題であろう.自分に何かできるかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2004

まずは一段落

 本日はゼミ1,基礎ゼミとも2回目.まずは上々の滑り出しか.
学生さんの質が期待以上にいいような気がする.
 午後には,小テストの導入に関することで業者さんの説明を
受ける.この件についても近いうちに職場にMLで情報を流さね
ば.
 しかしなによりうれしいのは,昨年秋から手がけてきた教科書
のドラフトが一応完成したこと.まあ,まだこれからひとやまふた
やまあるかもしれませんが.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2004

文献BBS作ってみました

 文献用のBBSを作ってみました.当初このココログの「マイリスト」の機能でいけるかと
思いましたが,どうもしっくりこなかったのでBBS形式にしてみました.これでしばらく運
用してみます.
 個人的にはあまりBBSは好きではないのですが,まあ1冊の本で1つのスレッドになる
ような感じで,思いついたことを書いていくつもりです.
 基本的に誰でも書き込めますが,ダイレクトにそれがBBSに載るのではなく,誰でも(
私でも)管理者の許可が出ないと記事がのらない形式にしました.面倒といえば面倒
なのですが,知らない人に変なことを書かれても困るので,自衛策としてです.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

発見:JES2データ

慶応大学21COEプログラムのURL
http://www.coe-ccc.keio.ac.jp/

からJES2データへのアクセスが可能になってますね.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

めでたく提出

研究費書類および出張書類完了.
今日はペーパー・ワークの日ですな.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

研究費報告書

 昨年度の研究費報告書をまだ出していない.これを出さないと
今年度の研究費が出ない.学部の会計を担当されているKさんに
出張旅費の計算をお願いしたら,すぐやってくれた.感謝感謝.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早速やってもーた

 ゼミ2で紹介した本を教室に置いてきてしまった.
学生さんが届けてくれた.感謝感謝.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゼミ2第1回

 本日2限は,政治学研究演習2(略してゼミ2)の第1回目でした.
参加者は2名.少数精鋭ってことですね.ゼミ2は基本的に1年か
けてゼミ論文の完成を目指します.受講者は昨年度政治学研究
演習1(略してゼミ1)を履修した学生さんたちで,昨年度末に一応
ゼミ2用の研究計画書を提出してもらっています.ですが,そのプ
ランを修正することは何の問題もなく,とにかく1年かけて自分が
最も関心を持つテーマを自分の力で掘り下げ,自分の頭で考え,
ゼミ論文という形にして残すことを目標にしています.
 去年のゼミ1は週2回というタイトなスケジュールで,毎回文献の
要約を作る作業をやってもらっていましたので,少数精鋭という
先ほどの表現はあながちヨイショばかりでもないのです.
 ということでがんばってね,吉田君,桑江君.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さぁはじめよう

 ここのところ物忘れが激しい山田です.用事を思い出して立った瞬間に
その用事を忘れています.その話を小6の娘にすると,「あ,あたしもだよ」
といいます.三十路も終わりに近くなってやっと娘に追いつきました(涙).
 えー,もともと別のところでweb siteを持っておるのですが,更新が滞り
がちになり,手っ取り早くupdateできるようにして激しい物忘れに対応し
たいというのが,これをはじめるきっかけです.
 はてさてどうなることやら.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クイック投稿 | blogサービス[ココログ]:@nifty

クイック投稿 | blogサービス[ココログ]:@nifty

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | May 2004 »